つわりの吐き気をどうにかしたい!今すぐできる3つの方法

つわりの吐き気って本当につらいですよね。

「今すぐどうにかしたい!」

「もうダメ・・・」

そんな風に思って、気分が落ち込んでいく毎日かと思います。

 

「つわりは時間が過ぎるまで仕方がないか」

そんな風に思っている方が多いと思いますが、

実はできることがあります。

 

私の整体院での経験をもとに、

3つの対策をまとめました。

 

この記事を最後までお読みになって、

つわりの吐き気を少しでも改善させていただけたら

とてもうれしいです。

 

それでは始めましょう!

 

つわりの吐き気対策その1

つわりになる方のほとんどが背中や首といった、

身体の後ろ側がとても固まっています。

 

つまり、肩や首、背中の筋肉が緊張しているのです。

これはお腹を守るためにどうしても妊婦さんは

猫背になりがちなので、背中が緊張しやすいのがあります。

 

ですので、

背中や首回り、肩などの緊張をほぐすことは

つわりの改善にとても役立ちます。

 

特に肩甲骨周りの筋肉はとても固くて、

ここのコリとつわりは関係があると感じています。

 

ですので、

背中や首、肩周りの筋肉が緊張しないように生活をする、

お風呂に入って緊張を緩める

 

これらを続けてみてください。

きっとつわりの吐き気が和らいでいくでしょう。

 

つわりの吐き気対策その2

つわりの吐き気は「臭い」で起こることが多いです。

ですので、家の中や衣類、シーツなどの寝具類を

いつも清潔にしておくことが重要です。

 

身の回りの匂いがとても気になって、

吐き気につながることが多いです。

 

時にはパートナーや家族の匂いにも

反応してしまうこともあります。

 

妊娠前には気にならなかったのに、

つわりが始まったと思ったら

家族の匂いがダメになった、

などあります。

 

家族にも協力してもらって、

歯磨きや入浴も徹底してもらったり、

身体がツライ時には

家の掃除や洗濯に協力サポートしてもらえるようにしましょう。

 

つわりの吐き気対策その3

つわりの時期は変化に敏感になります。

少しの変化がとても大きなものに感じられて、

メンタルもとても不安定になります。

 

メンタルの不安定が吐き気にも影響を及ぼしますので、

心の安定を最優先にすることがとても大切です。

 

心の安定は

ストレスを溜めない。

家族との関係をよくする努力をする。

身体の不調を整えておく。

 

これが有効です。

身体の不調とは内臓や骨格の歪みも含みます。

実は心の不調は身体の不安定さの反映でもありますので、

つわりを機に、身体の未病の部分を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

 

つわりは病気でありませんが、

身体の中の循環が良くないことの現れでもあります。

出産後、育児に忙しくなる前に、

今から身体を整えておきましょう。

 

妊娠中に歯科に行ったり、

整体で身体を整えておくと、

産後の回復も良いですし、

何より育児の時に疲れがたまりにくく、

育児ノイローゼにもなりにくいです。

 

まとめ

つわりの吐き気についての記事でした。

つわりの吐き気をただそのまま耐えるのではなく、

今できることがありますので、

ぜひ身体をゆるめたり、

整えることに集中してみてくださいね。

それでは安全で穏やかなマタニティライフを!

 

最後までありがとうございます。

 

※当院では妊娠中も安心して受けていただける

おうちで受けられる整体を提供中です。

詳しくはこちらをご参照ください。

お申し込みお待ちしております。

ダメージをデトックスする整体はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました