めぐりの部屋
代表 鈴木 なおこ

 

 

エネルギー整体法上級施術者(初級、中級、上級、特別科、研究科、受講認定者)

エネルギー回復整体講座全過程終了・認定施術者

ゆらし整体施術者

トコちゃんベルトセミナー受講済み
※随時整体の勉強会やセミナーで勉強を続け、技術・知識を更新し続けています。

・ホームページ制作

・プロモーション企画実行

・ランディングページ制作

・自己紹介制作

・起業サポート

 


 

こんにちは、鈴木なおこです。

このホームページを訪れていただき、ありがとうございます!

 

私は少し前まで福岡県太宰府市で小さな整体院を開いていました。

同じ地区には整体院や整骨院が徒歩5分以内に6件あるような激戦区ですが、

ここまで続けられたのは数多くの方々のおかげです。

 

 

「整体を通じて体を根本的に整えて、

全身の流れを良くして人生の流れも良くしていこう。」

「ダメージを流して治癒力を目覚めさせて、

エネルギーに溢れた毎日を送ろう。」

 

そんなライフスタイルを目指して整体院を開きました。

 

現在は関西へ居を移し、ネット上で整体のレッスンや遠隔整体を行っていて、

自分を整えて、周りの人もサポートできる人材を増やしています。

 

まずは自分自身の基盤を整えて、

揺るぎない安心感の元に生きていれば、

自然と周りの人にも幸せを増やしていけます。

 

家族や知人まで巻き込んで全体でステージを上げて

自分の環境を幸せエネルギーに満ちたものに変えていけます。

 

この取り組みが広がっていけば、

病になる前の未病段階で気づくことができ、

医療や薬に頼る頻度が格段に減ります。

自分の治癒力がいつも全開で働いていたら、

与えられた才能も連鎖反応的に開花するはず。

 

そんな世界を目指して日々お仕事をしています。

 

闘う医療

現在、日本において「風邪ひいたかな?」という時、

すぐに病院へ行くのが普通です。

 

病院には人がごった返していて、

待ち時間だけで疲労困憊です。

 

どれだけ待っても診察は1分で終了し、

帰りにはお薬を袋いっぱいもらいます。

 

何の疑いもなく毎食後薬を服用し、

「薬を飲めば大丈夫」だと思っています。

 

私も小さな頃から何かあれば病院へ連れて行かれました。

私たちは生まれた時から亡くなる時までいつも病院とともにあります。

 

しかし、こうしたライフスタイルは日本人にとってごく最近のことです。

戦前の世代までは病院へ行くこと、医療行為を受けることは

とても稀なことでした。

 

生まれる時はお産婆さんが取り上げましたし、

風邪をひいたら温かくして寝て治したり、

亡くなる時は自宅で息を引き取ることがほとんどでした。

 

体はあらゆる反応を通して、

より良く生きるために症状として表に出しています。

 

なので、

私たちに必要なことは

症状を促進させて出すものを出させるだけです。

 

出てくるものは全て体にとって不要なものだから。

出産も風邪も息を引き取ることも「病気」ではなく、

「日常」の景色の一部でした。

 

戦後、

西洋医療の発展とともに感染症は劇的に減りました。

 

緊急時の医療はなくてはならないものです。

 

医療を否定するつもりは全くありませんが、

医療が発展した今、私たちは健康的で幸せに暮らしているでしょうか。

 

熱が出たら薬を飲んで熱を抑え込み、

鼻水や咳も薬で抑え込んで、

ヘルニアや腫瘍などができたら切除。

 

出産も亡くなる時も「日常」ではなく「異常」事態となりました。

 

私の整体院には

「何年も何種類もの薬を飲み続けてきたが、

何に効くのかよくわからない。病院の先生とはコミュニケーションが取れず怖い」

 

「腫瘍ができて、医者  から「みんな切除しますよ」と言われて切除したが、

本当にそれで良かったのか今でもわからない」

 

というクライアントさんが何人もいらっしゃいます。

 

自分の健康の命運を他人に握られているようで、

不安になる人が多いのだと感じます。

 

医療は症状を「闘う相手」にしています。

私たちは自分で自分を治すことを放棄してしまったようです。

 

病気になれば病院に行けばいい。

病気になっても保険に入っているから大丈夫。

薬を飲めばすぐに効くから大丈夫。

 

そんなマインドセットが

私たちの中に知らぬ間に埋め込まれているのかもしれません。

 

私がお伝えしたいのは

病気になってから対処するのではなく、

未病の段階で体内の流れ、エネルギーの流れを整えて、

病気に至るのを防ぐ。

 

治癒力を鍛えて高めて、

自分で流れを整える力を身につけることです。

 

自分の治癒力で辛い時期を乗り越えられれば、

それは自分自身に大きな自信を与えます。

 

自分の健康に不安がある中で、

仕事や家庭でのびのびと

自分の能力を発揮して幸せに生きられるでしょうか。

 

自分の健康を自分自身でデザインできないまま

自分の人生や夢をデザインすることができるでしょうか。

 

健康は私たちの幸せの基本になります。

 

心身が健康であれば自然と力がみなぎって、

自分も周りの人も幸せにすることができます。

 

仕事をしている意味

痛みに耐えて下を向いて整体院にやってきたクライアントさんが

施術後、顔色がパーっと明るくなって

「ありがとうございます!」と満面の笑みで前をしっかり見て

帰って行く様子を見送るのが大好きです。

 

いつまでも後姿を見守ってしまいます。

 

引きこもりのクライアントさんからは

「今まで10年悩んでいましたが、

だんだんとやる気が出てきて

ついにハローワークへ行くことができました。」

とか

転職を繰り返していたクライアントさんからは

「自分のやりたいことが初めてわかりました。

周りに流されないで進んでいこうと思います」

とか精神的な変化を報告してくれる方がいます。

 

人生をよくするには

自分のエネルギーの流れを良くしないと始まりません。

 

なので、

私の整体院では無駄なマイナスなものをどんどん流して、

体の中のエネルギーの流れをよくしていきます。

 

クライアントさんの中で詰まっていたところが外れて

治癒力が働き始めます。

 

すると、

連鎖反応のように自分が本当にしたいことややりたかったことなど

(それらは才能や特技なのですが)に気づくことができます。

 

治癒力や才能、特技は「ギフト」です。

 

自分のギフトを再発見すると人は誰しも内側から輝きます。

 

それはまるで子どもの頃、誕生日にもらったギフトのようです。

 

自分のために心を込めて用意されたギフト。

 

丁寧に包まれた包装紙を開けるときのあのワクワク感。

テープが破れないようにそうっと開けて。

 

周りを見渡すとみんながキラキラの笑顔で祝福してくれています。

 

ずっと欲しかったあのギフトを手にして

「ずっと大切にする!」と心に決めたことを思い出します。

 

私たちの治癒力も才能も特技も生まれた時に与えられた「ギフト」です。

 

その「ギフト」を再発見することは

自分の中の尽きることのないエネルギーにつながることです。

 

誕生日のギフトの包みを開ける時の何倍にも匹敵する喜びです。

 

それは医療や薬が与えてくれるものではありません。

 

外からもらうのではなく、自分自身の中にすでにあるものです。

 

私は整体を受けることで

治癒力という「ギフト」を再発見してもらえますように、

と願いながら施術します。

 

治癒力だけでなく、

その人だけの才能が開花して活躍できますように、

と祈るような気持ちで施術しています。

 

健康的な体を手に入れるのはスタート地点であり、

ベースラインです。

 

ここを出発点として、

無限の才能を再発見して明るい未来を歩んでいけるように。

 

目指す世界

私は整体を通じて

病や心の病気でエネルギーを

消耗する人を減らしていきたいのです。

 

もう「闘病」する時代を終わりにしたいのです。

 

私自身、痛みに振り回されて人生が停滞していた時代があります。

 

痛みは嫌なもの、なくなればいいもの、と思っていました。

 

痛みや病は敵でも忌み嫌うものでもなく、自分の一部です。

 

自分から生まれたものであれば、

自分を変えていければ良いのです。

 

痛みや病などを「異物」として戦うことはやめて

自分の治癒力を生かすことで融合していければ、

 

もっと自分を信じて生きていけます。

 

人と違うことを嘆いたり、

自分を否定することもなくなります。

 

他人を否定することもなくなるので、

格段に生きやすくなります。

 

そういう人がどんどん増えていけば、

無駄な争いや差別や競争もなくなります。

 

自分の中での争いがなくなり、

世の中の争いもなくなっていくことを願っています。

 

目指す世界は最終的には整体師がいなくなる世界です。

 

未病段階で不調を発見し、治癒していける世界。

 

一人一人が

自分の能力を発揮して輝いて働ける世界を目指して。

 

最後に

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 

私の目指す世界に共感していただけたらとてもうれしいです。

 

私は整体に出会う前、

疲れやすくいつもイライラして焦っていました。

 

周りの人に対して常に不満を持っていましたし、

心身ともに外からの影響がとても大きかったのです。

 

まるで暗く長いトンネルに入り込んでしまったようでした。

 

そんな私が今では人のお役に立てることに喜びを得ています。

数年前までは信じられない変化です。

 

かつての私はマイナスのダメージ(邪気)だらけだったのです。

 

邪気は中医学では病気の原因です。

神道では不運の原因です。

 

邪気がある限り、薬や手術でどうにもなりません。

 

私は整体に出会い、

邪気を流し、治癒力を高める術を身につけました。

 

ここから人生が変わり、

今ではクライアントの

お体と人生が好転するお手伝いをさせていただいています。

 

人はいつでも何歳からでも変わることができます。

 

もし今あなたがトンネルの中で苦しんでいるとしても

それは人生の一時期だと断言できます。

 

これからは整体院の枠を超えて、

より多くの方が

自分の治癒力や才能を再発見するお手伝いができたら

と思っています。

 

 

メッセージや感想などがあれば気軽にメールを送っていただきたいです。

メールレターでは健康に生きて自分の才能を開花させていくような

内容を発信していくのでぜひ登録いただけたらうれしいです。

これからもご縁のある方のお役に立てるように、

その方の才能が花開くように進んでまいります。

最後までお読み頂きまして本当にありがとうございます。

感謝を込めて。

鈴木なおこ

 

☆健康と仕事と人生を好転させる連続講座☆

心も体も軽くなって、自分らしいスタイルで人生を動かそう!

私が5年以上、数百万円を投資して得た

実体験や開業体験をメールレターにした講座を無料プレゼントします。

お仕事している方だけでなく、これから何かしたい方、主婦の方も♪

お名前  
メールアドレス


※ご記入いただいた情報はメールレターをお送りする以外に使用いたしませんのでご安心ください。

 

追伸

めぐりの部屋の由来

「めぐりの部屋」の名前の由来は、


気のめぐり、


血液のめぐり、


リンパのめぐり等、


私たちの体の重要な因子のめぐりをよくすることで


元気になっていただきたい、


との想いをこめました。





それからもう一つ、


人生は人やモノ(有形・無形)との


「めぐり逢い」から成り立っていますよね。




当整体院がお客様と私にとっての


新たな「めぐり逢い」の場となり、


お客様の笑顔の日々の始まりとなってほしい、


との願いを込めました。


肩こりや首こり、腰痛など、お体やこころの「痛み」に対処することが


当整体院の最終的なゴールではありません。


そうしたものを克服し、あなたの持つ才能が開花できるように、
再び輝きだせるように、お手伝いすることが
めぐりの部屋のゴールです。