健康

ワクチンからのシェディングの症状と対策

あらゆるワクチンにはシェディングの可能性が付きまといます。

2020年以降は特にコロナワクチンの影響からシェディングが心配されています。

 

平成29年に厚生省ではすでにシェディングの脅威が示されていました。

        ↓

7. 臨床評価に関して留意すべき点
(1) 排出及び第三者への伝播に係る評価の考え方
組換えウイルスワクチンはヒト体内で目的遺伝子が発現し、抗原提示を行う能力を保持し
ており、被接種者から排出された組換えウイルスが新生児、妊婦及び免疫抑制状態の患者
等へ伝播した場合には重篤な毒性が発現する可能性がある。非増殖型組換えウイルスワク
チンの場合であっても、ヒトの体内において増殖しないことを確認し、新生児、妊婦及び
免疫抑制状態の患者等への伝播の可能性が低いことを評価しておく必要がある。一方、
殖型組換えウイルスワクチンの場合には新生児、妊婦及び免疫抑制状態の患者等への伝播
リスクが高いことが想定される。このために、ウイルス排出については、慎重に評価すべ
きである。(平成29年度厚生労働省行政推進調査事業)

 

簡単に言うと、組み換えワクチンにはシェディングの可能性があり、
もしワクチン接種者からの伝播(シェディング)があった場合、
重篤な毒となるおそれがある。

ということ。

なので、そうならないということを慎重に確認、観察する必要がある。

と結論しています。

 

日本だけでなく、世界中でワクチン接種が推進されているときに、
シェディングについて報道もされていませんでしたから、

知っている人はほとんどいないと思います。

 

さて、
シェディングの症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

まずはシェディングに伴う症状から見ていきましょう。

 

コロナワクチンからのシェディング症状

・倦怠感
・頭痛(片頭痛)
・めまい
・歯や歯茎の痛み
・首の痛み、コリ
・激しい肩こり
・下痢
・腹痛(特に女性に多め)
・目が染みて涙が止まらない
・のどの荒れが何をしても治らない

・生理痛が激しくなる
・PMSが激しくなる
・不正出血
・月経リズム乱れ
・原因不明のあざ
・鼻血
・帯状疱疹
・動悸
・関節、特に手の指の痛み(リウマチのような)
・アトピーの悪化
・めまい

このように、
疲れや加齢でも出てくる症状なので、

本人もシェディングと気づかないことも多いです。

 

ポイントは
自身がワクチン未接種で、
ワクチン接種者(接種してから日が浅い)と接触した時
です。

 

更年期障害や低気圧、うつと勘違い

症状のところを見ていただいたらわかりますが、

更年期障害や低気圧不調、うつになったかな、

と思うような症状があふれています。

 

もし体調不良がシェディングが原因の場合、
いくら更年期のお薬やうつのお薬を飲んでも治らないですよね。

 

そして、自分自身も医師も
まさかシェディングが原因とは思いませんから、
いつまでも薬を飲み続けたり、
ドクターホッピングし続けることになり、

身体にも精神的にも疲労がたまります。

 

シェディングかどうかの判断のポイントは
接種者との接触ですから、
それらを加味して考えてみたらわかると思います。

 

■緊急のダメージ除去をご希望の方へ  
目に見えないダメージを浄化し、治癒力を最大限に高める遠隔整体を提供中です。
・お写真を送っていただくだけで、お家にいたまま今あるダメージが抜けていきます(原因不明の不調にお悩みの方からご利用いただいています。)
■4回セット(週1回1か月パック)で24,000円☆お申込みはこちらから→遠隔整体

 

コロナ以降原因不明の不調が増えた理由

私の整体院にもコロナ以降、
原因不明の不調、肩こり、首コリ、婦人科系不調、頭痛、めまい、自律神経不調

を訴える方が増えています。

 

また、
気になるのは老若男女を問わないことです。

若干、若年層の訴えも多くなっているように感じます。

 

10代や20代の層にも無気力やうつ状態、
自律神経系の症状が増えているようで
今度の動向は注意しないといけないなと思います。

 

コロナ以前は、
不調の原因が特定できることが多かったです。

しかし、
コロナ以降は原因が本人もわからないことが多いのです。

 

私自身、
シェディングについて知るほどに
いろいろなことに納得する部分がありました。

 

シェディングについては
まだまだ解明されていない部分がたくさんあります。

ワクチンの開発と同じくらい
関係部署にはシェディングについての影響や追跡調査をしていただきたいと思います。

 

あらかじめシェディングについて
皆が知識を持っていたら
それに向けて対策もできるからです。

私も引き続き、独自に調査していく予定です。

 

シェディング対策

シェディングがあるとしたら、
必ずその対策が必要になります。

 

行政や企業の助けを待っていたら手遅れになることもありますから、
自分の身体と家族の健康は自分で守りましょう。

 

さて、
結局シェディングに関してもたった一つの回答になるかと思います。

それは・・・

 

日頃から免疫力&治癒力を高めておく

常に循環を良くして浄化しておく

 

究極はこれしかないなと思うのです。

 

コロナで出口がないと見えた時も
どんな時も私は思い出すことがあります。

 

それは、第二次世界大戦時に広島に原爆が落とされたときのこと。

一人の医師が爆心地で被爆したにもかかわらず、
免疫力に特化した生活をし続けた結果、

自分も看護婦さんも、患者さんも原爆症から身を守った、

という話です。

 

それは和食を食べ続けた、ということです。

つまり、腸活です。

 

免疫力は腸から始まり、

規則正しい生活に終わります。

 

早寝早起き
和食
運動
水分
ユーモア
愛のある人間関係

 

これらが私たちの免疫力には欠かせません。

 

免疫力&治癒力はいわゆる、《場》《フィールド》のようなものです。

マンガの呪術廻戦でいう、領域展開のようなものです。

(絵:漫画「呪術廻戦」より)

 

そこにフィールドを張るようなイメージで、
それは一瞬では張れなくて、
毎日コツコツ良いライフスタイルを続けることで

フィールドが出来上がっていくイメージです。

 

このフィールド(免疫力&治癒力)展開以外に
自分をシェディングから守る方法はありません。

 

治癒力を最大限に高める方法

現代人は自分に治癒力があることを教えられていないために、
そのことを忘れてしまいました。

なので、

「パンデミックが来てるよ!」

 

と言われると

 

怖い!

 

と思って化学物質で対応しようとします。

 

しかし、世界最強の防御は治癒力と免疫力です。

 

手前味噌ではありますが、
かれこれ10年以上、治癒力を最大限に活用する整体法を使って
1000人以上の方にお役に立てていただいております。

 

この度、その整体法をオンラインで学べる講座を作っていますので、
ぜひこちらからお試し版をご視聴ください。

これはやってみたい!と思いましたら
ぜひご参加ください。私が現場で使う整体法をそのまま伝授いたします。

 ↓
【オンライン】エネルギー整体講座(初回動画無料)

 

自分の健康は自分で育てて、
自分の身体は自分で守りましょう。

 

 

シェディングまとめ

ワクチン未接種者の方はいろいろな考えがあって、
未接種だと思います。

その過程でいろいろ考えてしまうかもしれませんが、
どうぞ自分の決断には自信と責任をもって、
後はセルフケアに努めてください。

 

どちらに転んでもリスクはあるのが今の世界。

なにもワクチンだけでなく、

あらゆる薬や農薬散布、化学物質散布、
水質汚染、土壌汚染、
スマホ社会、人とのつながりが希薄な社会、経済格差、

などなど、
心身ともに消耗していく社会に生きています。

気を付けていなければ
カンタンに心身はバランスを崩していきます。

何もしないことは今の時代、とてもリスクです。
自分で情報を手に入れて、
治癒力、免疫力を最大限高めて生きる。

 

そして、
何よりも必要なのは
あなたが笑顔で元気でいることです。

それがほかの人の笑顔や元気につながるからです。

🌷セルフケアについて
根本的なことから学べるメール講座をご用意しています。

ぜひこちらからご登録くださいね!
自分でできるセルフケア1週間メール講座

 

これからは免疫力、そしてセルフケアスキルがより求められる時代です。

自分を大切に。そして笑顔で過ごしていきましょうね。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 

なお

 

 

追伸
続きの記事です→コロナからのシェディングの対策

 

 

■エネルギー整体のご案内■

🍃治癒力を最大限に高める遠隔エネルギー整体を提供しています。
お申込みはこちらから → 遠隔整体

 

💡たった3時間でエネルギー整体を使えるようになる!
セルフ整体師になりたい方へ →【オンライン】エネルギー整体講座