【人生100年】弱者がムリなく働き続けるためのコツ5つ

ライフスタイル

あなたは弱者ですか?
私は弱者です。

オフィスで働くのが
難しいタイプの私が選んだのは自営業者。

人生100年時代、
少子高齢化、日本経済の没落、資源高による物価高。。。

日本の社会はこれまで以上に厳しい環境にさらされて、
私たちは先人たちよりも高齢になっても働くことが求められています。

そんな中、弱者の私たちがムリなく(明るく楽しく)
働き続けられることがとーっても重要です。

もし、私たちが60歳になっても、70歳になっても
元気すぎて楽しすぎてずーっと働いていたい!

ってなってたら老後の心配なんて一ミリもありません!(^^♪

今日はそんな明るい老後のためにも
明日の希望のためにも最後まで読んでください。

弱者がムリなく働き続けるためのコツ1 弱点ポイントを徹底的に知る!

自分の弱点ポイント知っていますか?

弱者であればあるほど、
自分の弱点を知って、人に言えるくらいでありたいものです。

なぜなら、自分の弱点をおさえていれば、
他の人の成功ストーリーやテクニックに
嫉妬したり、間違えてコンサル頼んだり、
商品サービスを買ったりすることを防げるからです。

彼らは私たちとは違う、強者です。

彼らのまねをしても上手く行きませんから、
参考にするだけ時間とお金の無駄です。

 

自分の弱点を知り、
それを使わないで済むにはどう働いていくのがいいのだろう?

ということに脳みそを使い倒しましょう。

弱者がムリなく働き続けるためのコツ2 技術を入手 OR 今ある技術を最大活用!

これから自分のビジネスを始めたいなと思っていたり、
転職するぞ!と思っていたら、

自分が少しでもピンと来た分野の技術を勉強しましょう。

もしその技術がすでに身についていたり、
もしくは今までの経験を棚卸して
最大限に活用しましょう。

日本人は謙虚なので、
自分の持っている技術や特性が
全然わからない人がほとんどなので、
上司や業界の人に自分の強みを聞いてみたり、
単発のコンサルを受けたりして客観的に見ることも助けになるでしょう。

 

弱者がムリなく働き続けるためのコツ3 常にツメを研いでおく

上記の2ともリンクしていますが、
自分の持っている技術や経験を
人に見せれるようにしておく、
ことが大切です。

忘れないでください、
世間には強者どもがわんさかいます。

彼らとこれから比較されるのであれば
少なくとも自分が持っている武器は
常に磨いておきましょう。

道具は使わないとすぐにサビつきます。
今すぐ使わないから、
とか言わないでください。

チャンスはいつやってくるかわからないからチャンスなのです!

弱者は実力だけではのし上がるのは大変な道。
チャンスの波も最大限活用する方が弱者の戦略です。

 

弱者がムリなく働き続けるためのコツ4 小さくはじめよ!

いきなりでっかく始める人がいます。

借金してまで
見栄はってまで

始めることってありますか?

忘れないでください。

私たちは大企業や有名人ではなりません。
顧客もまだいない人も多いでしょう。

そんな状態で大きく始めたら
プレッシャーしかありません。

ビジネスを始めたころ、コンサルの先生から

借金は善だ。借金するとがむしゃらに働くから
実力がいつの間にかついている。

と言われてたものです。

その時は、
「ふーん、そんなものかな」

と思いましたが、今は自信を持って言えます、

「それ、あなたの場合ですよね」

と。

小さく、目の届く範囲、自分で支払える範囲で始めましょう。

 

弱者がムリなく働き続けるためのコツ5 健康第一!

身体や弱い
メンタルが弱い
胃が弱い
腰が弱い

いろいろありますよね。
そんな私たち弱者は健康が本当に大切だ、
と忘れてはいけません。

健康でなければ働けません。
働けなければ、自分の能力を使って
人のお役に立つことができなくなります。

 

朝まで深酒してもなんでもない人
朝からステーキ食べても胃もたれしない人
仕事掛け持ちしても超ブラック企業で働いても元気な人

そんな強者の言っていることは
真に受けてはいけません。

人は人、
私は私。

何が何でも健康は大切に。

そして、できればセルフケアのスキルは
手に入れておきましょう。

 

まとめ

今日は弱者がムリなく働き続けるコツをお話ししました。

音声もあるので是非聞いてくださいね!

それでは最後までありがとうございます。

なお

 

■追伸■
最強セルフケアスキルを身に着けよう。
120分でマスターするオンライン整体レッスンです。
中身を確かめたい人はこちらから→初回無料の資料請求
すぐに購入されたい方はこちらから→レッスン購入