顎関節症の原因とは?噛み合わせとマウスピースについて

今日は顎関節のトラブルについて書きます。

 

顎関節のトラブルは歯科に行くと噛み合わせの問題とされることが多いです。
あとは関節の問題。

 

マウスピースを処方されることもあります。

 

そうした判断は過去の事例から判断されるんですね。
いままでそうだった、ということです。

 

実際どうなのでしょうか?

 

顎関節症の原因は顎関節?

実際はですね、あくまでエネルギー整体的な視点として聞き流してくださいね。
原因は噛み合わせでも、関節の問題でもないです。
そういう直接的な原因はおそらく全体の1割くらいです。

 

本当はそれ以外のところに原因があります。

 

例えば、
日本全国で今日の夕食がサンマの塩焼きだった人たちがサンマを選んだ理由って
一つとか二つじゃないですよね。

 

急に食べたくなったから、
テレビで食べてるところを見たから、
安かったから、
新鮮だったから、
青魚が必要だから、
家族に食べたいって言われたから、

 

などなど数えられないほどありますよね。

 

理由は100人いたら100通りありますよね。

 

顎関節トラブルもそれと同じです。

 

顎関節の要因は人それぞれ違うし、原因が幾つかが重なり合うことが多いです。

 

過去からの事例では判断できないです。

 

顎関節は原因?結果?

顎関節のトラブルは原因ではなく結果です。
顎関節には心身の歪みの結果が出がちです。

それは頭部全体に言えることです。

ですから、顎関節だけを見ていても見えないことがあるということですね。

 

それは肩こりの原因が肩の筋肉だとは限らない、ということと同じです。

 

肩こりだからといって、肩の筋肉を揉んだところで治らないですよね?

それは肩こりの原因が肩にないからなんですね。

 

本当の原因がわからないと痛みの迷子になってしまいます。

 

焦らず迷わず進めていきましょう。

原因を突き止めて、そこに的確にアプローチしていきましょう。

早ければ早いほど体はストレスを感じずにすみます。

 

豆知識。
顎関節トラブルを放置していると
お口周りの老化も激しく進みます。

女性としては聞き捨てならないですよね^^;

 

体を部分部分で切り取るのではなく、全身的に考えていきましょう。

 

今日もありがとうございます。

 

感謝の中で。

 

めぐりの部屋