休日に家族と遊びに行ったにもかかわらず、疲れてしまう大人のあなたへ。

テーマパークや遊園地に行っても疲れない方法があるのでしょうか?

 

休日に遊びに行って疲れるあなたへ

休日なのにかえって疲れてしまった。

「大切なお休みの日こそ楽しみたいのに、疲れるからどこへも行きたいくない

「大切な人や家族、友人と楽しい時間を過ごすはずが、大勢の人がいるところへ行ってぐったりだ。」

 

そんなことありませんか?

 

せっかくのお休みなのにツライですよね、出かけて疲れるなんて^^;

 

今日はそんなあなたのために、

遊園地やテーマパークへ行っても今までのような疲れに襲われないような

そんな方法をシェアしていきたいと思います。

 

なぜこの記事を書こうかと思ったきっかけは

私自身、かつては休日に都心やショッピングセンター、デパート、テーマパーク

などに行くと決まってへとへとに疲れ切っていました。

 

休日に気分転換!と思って外出したのに、

すごく疲れて帰ってきて、

行かなきゃよかった

と思うこともしばしば。

 

 

「体力がないのかな?」

「年のせいかな」

と思ったのですが、

 

山登りとか海など

自然の中で遊ぶと心地よい疲労感に包まれて

リフレッシュできるんですよね。

 

「大勢の人がいるところにいくと、

やたらと疲れる。なんでだろう。。。」

 

かつての私はその理由がわかりませんでした。

 

 

遊園地やテーマパークで疲れる理由

 

遊園地やテーマパークで疲れる理由をズバリ言います。

 

それは

 

自分のからだと脳の状態にありました。

 

「え?疲れるんだから体の状態でしょ!」

 

ってツッコミは少し待ってください^^;

 

脳の状態が原因とはこういうことです。

 

からだが万全の状態でなく、脳が誤作動を起こしていると

外からの影響を受けてしまいます。

 

 

からだが万全でない

とは・・・

 

疲れや栄養不足、

睡眠不足や水分不足、

その他いろいろな理由があります。

 

こうした原因があると、

脳が誤作動を起こしてしまいます。

 

脳の誤作動が原因で、

疲れを過剰に認識してしまうのです。

 

睡眠不足や水分不足、

栄養不足

水分過多

栄養過多

化学物質を摂取している

 

などなどがからだに良くない、

 

とは良く言われることですが、

「どう良くないの?」

ということはあまり知られていないですよね。

 

「ただなんとなく良くないと言われているから」

 

というぼんやりした感じで捉えている人が多いと思います。

 

でも、

このように脳の誤作動に影響があるとしたら、

日々の食事や生活スタイルが「休日の疲れ」に大きなカギを握っている、

とわかります。

 

疲れに与える心理的な影響は

 

もう一つ、疲れに大きな影響をあたえるものとして、

からだが万全でないと、心にも影響があります。

 

栄養不足や睡眠不足、

栄養過多や睡眠過多、

その他、上記に書いたことなどが原因で

心にも影響を与えます。

 

体の不調が原因で

幸福感を与えてくれるホルモンが正しく分泌されていない(セロトニンやドーパミン、βエンドルフィン等)

神経伝達がうまく機能していない

 

などが起こりますと、精神的にも大きな影響を受けます。

 

そして、

多くの精神的にダメージを受けている方のほとんどが

体の不調が根元的に影響しているのです

 

今の時代はすぐにお薬でなんとかしよう、

となります。

 

しかし、

お体が根元的に不調のままであるなら、

まずはお体を整えることがとっても大事になります。

 

というか、

一番最初にしないといけないことです。

 

体と心は裏表です。

 

どちらが先でも後でも

一体であることには変わりありませんから、

お薬だけでどうにかなることでもありません。

 

ただ、今の時代は

お仕事や家庭のことなど

やることいっぱいありますから、

早く社会復帰しないと!

となるのは仕方ないことなのかもしれません。

 

便利な時代になった一方で、

お仕事は増えていますよね^^;

 

残業もちっとも減りませんし。。。

 

あ、、、

話がちょっとずれそうなので、元に戻しますね。

(メンタル面の不調に関しては本当に言いたいこと、思うことありまして、

私も微力ながらお役に立ちたい!!と常々思っています。)

 

さて、

心が元気がない状態だと、大勢の人がいるところにいくと途端に疲れてしまいます。

 

それには2つの理由があります。

 

疲れに影響を与える心理的2つの理由

1、体の不調でストレス受けると、実際のストレス以上にストレスを感じてしまう(ストレス過敏の状態)。

 

2、大勢の人がいる場所は、たくさんの雑多な気が渦巻いているため、気に影響を受けてしまう。

 

まず、1の説明をします。

体の不調をほおっておくと、脳の誤作動が起きる

といいました。

 

脳の誤作動が起きると、

ストレスに対して過敏になります。

 

ということは

健康な状態であればなんでもなかったこと、

 

例えば

会社の同僚に

あなたって仕事がマイペースよね

と言われたとしますよね。

 

いつもなら

「そう、私って元々マイペースでね〜笑」

 

と言えるところを

 

不調な時は

「え?何この人、私が仕事遅いっていいたいわけ?

私を追い込みたいの?なんでそんなこと言うの?」

 

などと悪い方に捉えて、

ストレスをいつも以上に多く感じてしまうのです。

 

こういう経験って誰しもありますよね?笑

 

でも

こういう考え方をする時は大概

お体の状態も万全ではないですし、

ストレスを異常に感じてしまう時だったりします。

 

 

さて次に、

2の「気の影響」についてお話しします。

 

気の影響についてはここでは語りつくせないので、簡単にいいますと、

その場の影響

ということです。

 

どこの場にも「気の流れ」があります。

それが「良い気」であれば「良い影響」を受けますし、

「悪い気」であれば「悪い影響」を受けます。

 

遊園地やテーマパークなどたくさんの人が楽しみに来る場所、

ストレスを発散しに来る場所、

というのはたくさんの気が渦巻いている場所でもあります。

 

体が本調子でないときにそのような場所に行くと

その場の影響をバーン!!とモロに受けます。

 

なんとなく伝わりますでしょうか?

 

敏感な方の中には

場の状態がわかる方もいます。

 

そういう方は普段「良い気」の状態を知っているので、

「悪い気」の場所に行くとすぐにわかるようです。

 

 

それでは次に

「じゃあ、テーマパークや遊園地でどうしたらいいの?」

という具体的なお話をしていきますね。

 

テーマパークや遊園地で疲れない方法とは?

休日にテーマパークや遊園地、デパートなど

大勢の人がいるところへ行っても疲れない方法があるのでしょうか?

 

大前提として、

体の状態が非常に良くないとき、

あまり良くないとき

 

という時は

行くこと自体を避けたほうがいいです。

 

当たり前といえば当たり前ですね^^;

 

わざわざ影響を受けに行くようなものですから、

疲れて帰って来るのは目に見えています。

 

「まあ、今日は大丈夫そうだな」

「今日はどうしても行かないといけない!」

 

そんな日の具体的な対策をお話しします。

 

 

まず、

  • マスク
  • マフラー
  • スカーフ
  • 帽子

などがおススメです。

頭部や首から上を覆い隠すようなものですね。

 

そのほかに

  • 脇に抱えるカバン
  • サングラス

 

なども。

 

つまり

防御アイテム

ですね。

 

私もスカーフなどは多用します。

結構違いますよ。

騙されたと思って使ってみてくださいね。

(布製品は帰ったら洗いましょう!)

 

 

ただ、こうしたアイテムはあくまでアイテム。

 

ゲームなどでもすごいアイテムが手に入っても、

それを使うからだがボロボロであれば意味をなさなくなってしまいます。

 

日常生活でも、高性能パソコンを買っても、

自分が使えなかったら意味ないですよね。

 

からだとこころの健康があってこそ、こうしたアイテムも存分に力を発揮します。

 

そして、

そもそもになってしまいますが

「防御しよう」という気持ちでいると「攻撃」するものを想定しているので、

「攻撃」を受けてしまう恐れがあります。

 

「防御」とは「避けたい気持ち」があるので、

ずっと逃げ続けないといけません。

 

するとかえって結果は思った通りに行かないことがあります。

 

目に見えない「疲れ」などの世界、

エネルギーの世界ほど、

「マインド」はとても大きな影響があります。

 

ただ、人は疲れていたり精神的に余裕がないときほど、

「守り」に入りたくなります。

 

ポイントは

こころを軽く持って、

自分が風になったかのように過ごす。

 

そして、

お守りとしてマスクやマフラーやストールなどを投入したらいいと思います。

 

休日疲れのまとめ

 

休日に疲れてしまう。

これはかつての私がいつもこうだったのです。

 

休日に大好きなショッピングや映画館、テーマパークに行く。

楽しみにしていたのに、途中から頭痛や疲労感に襲われる。帰りも次の日もぐったり。

 

家族や友人との時間もいつのまにか

「気乗りしない時間」になってしまいました。

 

これでは人生損してる!

どうにかしないと!

 

そんな日々を過ごしていました。

 

その当時は

まさか自分のからだの状態とかこころの状態が影響するとは思っていませんでした。

そういう体質なのかな、と思ってたんです。

 

疲れやすい体質。があるかもしれません。

影響を受けやすい。とか。

 

でも私自身は、「体質」を言い訳にしたくなかったんですね。

自分の体質を逆手にとって、

「どうしたら疲れにくくなれるかな」

といろいろと試したり、勉強するようになりました。

 

健康になるような習慣

エネルギーの勉強

日ごろの習慣を

いろいろと変えていったりしました。

 

 

すると、結果は

 

かなり変わりました!!

 

テーマパークも遊園地も怖くありません!

 

まあ好き好んで行くタイプではありませんが、

子どもが小さい時とか行くことってありますよね。

 

「お母さん疲れるから行かない」

とかって言えないので^^;

 

今は本当に疲れなくなりました。

 

なので、今現在、人前に行くと疲れてしまって何も出来ない、

と悩んでいる方でもあきらめずにできることを始めたら変われます。

 

すぐに出る結果より、やはり一歩一歩です。

 

1年後、5年後、10年後に

今の自分よりパワフルになっていれば、いいんじゃないかな?とおもっています。

 

それくらい気長に考えていれば、

ジワジワと健康習慣やからだつくりをやっていけます。

 

もし今、

体力なくて、

健康に自信がなくて、

すぐ疲れる、

 

などのそういう悩みがあったとしても、できることがあります。

 

まずは体から始める。

そういうあなたのお手伝いができたら私もうれしいです。

 

p.s.場のエネルギーとか、訪れている人々の影響とかは無視できないものがあります。

それを話すとちょっと話が複雑になるので、今日は自分を良い方向へ変えていこう!という感じて書いてみました(^^♪

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。