ストレスや抑うつで悩むビジネスパーソンが明日から元気になるために

o_1b12lhpli11jr75h12051fjc11qo7_new

ストレス過多や抑うつ状態状態のビジネスパーソンの来院が増えています。ビジネスを続けるうえではるべく休みたくない、穴をあけたくないものです。

お仕事を続けながら明日から元気なるために来院された方の様子を書いていきます。

 

ストレス過多ビジネスパーソンがぶつかる問題3つ

ストレス過多のビジネスパーソンがぶつかる問題の3つについてあげてみます。

⓵ビジネス効率の悪さ

ストレス過多や抑うつ状態のビジネスパーソンはビジネスの効率が落ちます。処理スピード、仕事の内容、選択する時間、決断力、交渉力、記憶力すべてにおいて致命的な打撃をもたらすのが過度のストレスや抑うつ状態です。

あれ、おかしいな、ミスが多いな、と思ったときにはすでにかなりダメージが進行している場合もあります。

というのも、ストレスは脳に多大なダメージを与えます。通常の脳の働きをできなくさせるほどの大きなダメージです。

ストレス過多や抑うつ状態でいつも通り仕事をしようとすると、今まで以上に時間もエネルギーもかかり、かつミスが出たり効率も下がります。

 

②冷静さの欠如

ビジネスにおいては欠かすことのできない冷静さを簡単に失ってしまいます。

気が付くと怒鳴っていたり、怒りに自らを失ってしまったり、異常なまでに恐怖を感じてしまい通勤自体ができなくなってしまったりします。

周りの目も気になってしまいますし、スムーズに業務を進めることが困難になります。次第に孤独感を感じるようにまでなってしまいます。

 

③エネルギー切れ

ストレス過多や抑うつ状態に陥ると睡眠の質が悪くなります。人間は寝ている間に疲れを解消させ、傷やダメージの修復が行われて明日へのエネルギーチャージが行われます。

もし睡眠が適度にとれない場合、次の日の業務に差し支えます。

もっと言うと、まともに業務ができなくなります。朝やっとのことで起き上がり、引きずるようにして出勤しても、お昼を過ぎたあたりから眠くなり始めてあくびばかりが出て全く集中できなくなります。

業務は全く終わりません。そして残業。帰宅が遅くなり、また眠れない夜がやってきて。。。という悪循環。この悪循環は自然と良くなることはありません。今の生活を変えない限り、誰かが変えてくれることは決してありません。

 

ビジネスパーソンは優先順位を死守!

ビジネスパーソンとして、今後何年間働いていくおつもりがありますか?今のビジネスを続けていく覚悟をお持ちでしょうか?

この問いにYES!と即答できたあなたはまず、優先順位を決めましょう。

 

今の優先順位最高位は、間違いなく心身の健康です。

何はともあれ、ダメージは浅いうちに対処すべきです。明日になれば良くなっていることも、来週になればましになっていることも決してありません。

まずは現状を認識して、この状態から一刻も早く脱することを固く決意してください。

 

そしてあなたが選び取った方法を信じてとことんやってみてください。

 

現状と過去のリンク

私のサロンには最近になってうつ状態やストレス過多でお悩みのビジネスパーソンの来院が増えています。彼らは会社を休んだり、早退したり、早朝出勤したりいろいろ工夫されて来院しています。

そして決まって通常の整体に加えて『感情開放』を選びます。

 

なぜなのでしょうか。

 

それは現状を変えるには過去が深くリンクしていることを理解しているからです。

はじめから理解しているという方もいますが、こちらからご説明すると納得いただけます。

 

例えばあなたが今、上司の言動にいちいち反応してしまって、ときに激しすぎる怒りをコントロールすることで消耗しているとします。

上司の言動は時に持ち主のいない風船のように、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。そのたびにあなたの心は激しく揺さぶられます。

そのうちにあなたは心身に異常を感じ始め、激しい動悸や冷や汗、極度の肩こりと不眠に悩み始めます。

 

このような状態に陥った場合、現状のつらい原因は上司である、と考えるのが普通と思います。

 

しかし、実は本当の原因は全く別なのです。

 

それはあなたの中にある場合が多いのです。私の携わったケースですと100%ご本人の中にあります。

こう書くと大きな誤解を生みますから、詳しく書きます。あなた自身が悪い、というのでは全くないのです。

 

正確にはご本人の記憶の中に原因の種があります。

もっと言うと、小さなころにあった出来事。辛い出来事に直面した幼いあなたはつらい感情を訳が分からないまま閉じ込めました。

その時はあまりにつらい出来事だったため、ちいさなあなたは対処する方法がわかりませんでした。

 

私のサロンではこの感情を解放し、間違った種を新しい種に植え替えます。と言っても、私が植え替えるのではありません。

 

あなた自身がご自分の経験と智慧を使って植え替えます。今のあなたなら必ず対処できるのです。私はただお手伝いをするのみです。

 

辛くて体も思うように動かない、メンタルももう限界。というビジネスパーソンの方は、『感情開放』と通常の整体を数回受け今はもう毎日出勤しています。

人にもよりますが、1年とかかかることはありません。数ヶ月の方が多いです。2カ月~くらいから通常に出勤なさる方もいます。

 

でも私は早さはあまり気にしていません。もちろんご本人にとっては早いほうがいいでしょうけど、そこにポイントを置くと大切なことを見失います。

なぜ早いか、それは本当の原因を扱っているからだと思います。

薬では原因にはたどり着けないのです。

 

うつむいて、目もうつろでくまもひどく、順序良く話すこともままならない方もいらっしゃいます。そういう方が『感情開放』したり、整体のあと、頬がピカピカ、目がキラキラ✨に輝いている様子は本当にいつもびっくりさせられます。

人はきっかけでどんどん変わるんだ、といつも実感します。

 

社会を動かすビジネスパーソンがつらい思いで働くのは、もしくは働けなくなるのは社会の損失ですよね。

彼らが元気に楽しく働ける社会になってほしい!といつも思います。

そして晴れ晴れとしてサロンの扉を出ていく彼らの後ろ姿をいつまでも見送りたくなります。

 

だからあきらめないでほしいのです。自分の治癒力や底力を。きっと前に向かっていけます。

 

 

副作用のあるなしはとても重要

このやり方は完全オリジナルで全く副作用がありません。

 

潜在意識に入って過去に影響を与えるやり方はこの世の中にはごまんとあります。私自身かなりのコストを投入し、ほかのやり方法を試し研究を重ねてきました。

 

ちょっとここでは書けないことやおかしなことにも出会いました。

 

その結果わかったことは、副作用がないものを探すことは大変難しいということ。

 

整体をしていてもそうですが、副作用がないものを探すのは本当に難しいのです。まったく効果がなかった、というのはまだかわいい方で、かえって悪化した、といこともあるのです。これらは誰も語らないので一般の方が知る由もありません。

 

話がずれてしまいましたので戻しますと、おそらくこの文章を読んでいてなんとなくピンときたり、ざわざわし始める場合があると思います。

本来、私個人の考えでは『感情開放』は誰でも受けていただいてOKな安全なものであり、むしろより多くの方に受けていただきたいのがホンネです。

 

というのも誰しも幼いころの何かが今の何か影響を与えている、というのケースがあるからです。

 

明日から元気になるためのまとめ

明日から元気になるためのまとめとして、今苦しんでいるビジネスパーソンの方へ。行くべきところは心療内科だけでないということを知っていただきたくてこのブログを書きました。

このツライ状況を脱するには少なからご自分を向き合うことが必要になります。ただそれをたった一人でする、というのはかなりヘビーです。

当院ならパートナーになれると思います。あなたのやる気さえあれば(^^)だって何人もの方がどんどん前に向いて歩いていますから。目の前で見ていますから。

人と比べるのではない、自分のペースで。

 

薬を服用したり、認知行動療法などの新たなトレーニングを取り入れる、という一般的な方法が一般的に結果を出しているでしょうか。

 

心身にトラブルが生じたときにするべき最重要なことは、何かをする、のではなく、どんどん出していく、マイナスしていくことなのです。

 

あなたの能力がさらに開発され、活かされ、あなたが自由に楽に人生を生きられますよう心から祈っています。

 

p.s. 当院では遠隔整体及び遠隔での感情開放も承っています。詳しくはお気軽にお問合せください。お問合せ&ご予約フォームはこちら

 

コメントを残す