インナーチャイルド怒りや寂しさの開放とは。自分でできるもの?

インナーチャイルド怒りや寂しさの開放について書いていきたいと思います。インナーチャイルドの解放とは自分でできるものなのでしょうか?

インナーチャイルド怒りや寂しさの解放とは?

インナーチャイルドの怒りや寂しさを開放する。

これは健康的に健全にこれからの自分を生きていくうえで欠かすことのできないことです。

 

インナーチャイルドとといって、かつての自分・もう一人の自分がいて、その存在が抱いている怒りや寂しさの強い感情。

これは本当に強いもので、強すぎると言い換えたほうが正しいと感じています。

 

インナーチャイルドの抱く感情は今の体やこころにも影響を及ぼすケースがあります。もしかしたらほとんどの人が影響を受けているのかもしれません。

 

しかし、

例え病気になったとしても、インナーチャイルドの視点で病気をみることはありません。

 

現在の日本の医療は風邪のウィルスが、とか筋肉の緊張がとか、骨が、とかいろいろ物理的な原因を探します。

 

ただ、病気においてもメンタルにおいてもインナーチャイルドが与える影響は少なからずあります。

 

毎日クライアントと接している一整体師のコメントをどのように受け取るかは、あなたにお任せいたします。

 

インナーチャイルドの解放は自分でできる?

インナーチャイルドの解放は自分でできるか、という問題ですが、非常に難しいとお伝えします。

 

クライアントさんで「インナーチャイルドの解放をしています」とお聞きしたことが何度かありますが、そうおっしゃる方のインナーチャイルドが解放されていたことは今までありませんでした。

 

「~~でインナーチャイルドの解放をしてもらいました」という方も時々おられますが、同様の結果でした。

 

インナーチャイルドの解放というのは通常の意識状態で自分で行うことは非常に難しいと考えます。

また、私自身今現在使っている方法以外のやり方を学んだり、体験したことがありますが、それらでは独自検査の結果、インナーチャイルドの解放はできていませんでした。

 

目で見えない、計測器で測れないものだけに、検証が非常に難しいところです(^^ゞ

 

インナーチャイルドの解放をした後は

インナーチャイルドの解放をした後はどうなるか。

つかえがとれた感覚が得られます。胸につかえていたものが解放される。

いままでなぜか進めなかった。もしくは原因不明の体調不良に悩まされていた。という場合によい影響があります。その原因がインナーチャイルドにあった場合ですが。

 

インナーチャイルドの解放で気を付けなければいけないことは、インナーチャイルドを100%開放することが正しいことではない、ということ。

 

ただ闇雲に開放しまくればよい、ということではありません。

 

インナーチャイルドが抱く感情にも意味があります。なぜその時にそのような感情を抱いているのか、それをいままでなぜ持ってきているのか。

 

それにもひとそれぞれ事情があって、乗り越える壁があります。

 

 

 

よく「全ての経験には意味がある」と言われますが、現状があなたが望むものではないにしろ、それには全て意味があるのですが。

 

簡単に何も学ばずに一足飛びに切り抜けられれば良いわけではありません。

 

かといってそのままにしていても健康に被害があるようでは進めなくなってしまいます。それで後ろからインナーチャイルドの解放を後押しする、応援するようなサポートをさせていただいています。

 

ゴールはインナーチャイルドの解放ではないのです。

 

ゴールはあなたが自分らしく、自由に生きて、楽しく未来を描くこと。

 

そのための一つのルートです。インナーチャイルドの解放をすればすべてうまくいくわけではありません。ただ、開放することで進みやすくなると言えます。

 

私のサロンには感情開放というメニューがあるのですが、それは直接感情を開放していきます。もちろん、クライアントさんにしていただきます。私はあくまでサポート役。

 

感情開放は私自身も受けますが、本当に気付きや発見も多く、その後のすっきり感や考えの整理にもとても役だっています。できれば毎月一回くらいはやりたいです(^^)

 

かつての自分が押し込めている感情が誰しもが持っています。もう我慢しなくても良いので、そうしたものは機会があれば解放してあげたほうが、今後の自分にとってもプラスに働くでしょう。

 

まとめますと、

・インナーチャイルドの解放で全てが解決するわけではない。

・インナーチャイルドの解放で心身共に良い影響を与える可能性が高い。

 

です。

 

インナーチャイルドの開放はたくさんある方法の一つです。現在の私の考えでは欠かすことのできない手法の一つです。それは間違いありません。

 

あなたの人生がこれからどんどん開けてくることを、そして笑顔の毎日が続くことを祈っています☆

 

コメントを残す