腰痛について

日本人の10人に1人が苦しんでいるといわれる腰痛。

驚くべきことに、その80%~90%が正確な原因が不明といわれています。

病院へ行き、レントゲンを撮れば、

「ここの骨の間が狭いな」

「椎間板が飛び出ているよ」

などと診断され、手術、という経緯も少なくありませんが、

その痛みの原因が本当にそうかどうか、というのは

一つも確証がない、というのはおどろきではありませんか?


当院にもずっと病院にかよっている、

ブロック注射でだましだまし使っている、

湿布を多用している、

などなど、といったクライアントがお見えになります。


中には手術をした方も、また痛みを訴えているのです。

これでは手術や投薬はいったいどういった効果があったのか??

疑問になります。


めぐりの部屋が考える腰痛の原因

腰痛の原因として考えられるのは、

  • 腰椎や背骨の疾患
  • 内臓の不調、病気(がんや、大動脈瘤、子宮内膜症、尿管結石)
  • 足や腕のねじれ
  • 重心のズレ

など、一見関係ないんじゃないの??という原因が隠れています。

ですから、たとえ椎間板が飛び出ていたとしても、

それが痛みの原因ではないこともあるのです。


それでは当院でも腰痛に対するアプローチをご紹介します。


めぐりの部屋の腰痛に対する施術はこちら