骨盤について

「骨盤矯正」

「骨盤ダイエット」

「骨盤のゆがみ」

骨盤に関する書籍やエクササイズ法が世の中に氾濫するなか、

それでもまだ、この「骨盤」というワードが

どうしてここまで女性を引き付けるのでしょうか。。


それは、、、きっと、そこに私たち女性の

大切な大切な「子宮」があるからだと思うのです。

「女性は子宮で考える」なんて聞いたこともあります^_^;

特別な「子宮」を守る骨盤が歪む、ずれる、となると、

とっても困る!と本能的に感じるのではないでしょうか。


ここで、骨盤のずれる仕組みを考えてみませんか?
骨盤がずれる原因

①生活習慣

②重心のずれ

③足の故障(骨折やねんざ等)

④内臓不調

⑤その他

⑤のその他はおおざっぱ過ぎますが、ホントに

たくさんのその他の理由があります。


ここで申し上げたいことは、

骨盤は自分から、うんしょ、うんしょと、ずれることはないのです。

つまり、

「骨盤のゆがみ、ずれ」は結果

であって、不調の原因ではないのです

私も、このシンプルかつ、当たり前のことを知った時、

少なからず、驚きました(+o+)

でも、少し考えたら、当たり前のことなんですよね。


骨盤ベルトや、骨盤矯正をすることが、

全く無意味、とは申しませんが、

そうすることは対症療法である、ということは申し上げたいと思います。


「めぐりの部屋」の整体では、骨盤を整え、ダメージを抜きます。

骨盤は、「子宮」をはじめ、

大切な内臓を守る、支える役割を持つ、

大切な部分だからです。

骨盤は大切な体のパーツです。

でもすべてではありません。

骨盤整えてOK!ではないです。

私たちの体は、もっともっと複雑で、不思議です(*^_^*)

骨盤は整体において、整えるポイントではありますが、

極端にいうと、重要性だけを言えば、もっと大切なポイントがあります。

骨盤にフォーカスしてしまう気持ちはわかります。
(私もそうでしたから^_^;)

しかし、それと同じくらい、生活スタイルや重心、運動、姿勢など、

あなたを支える部分に注目する価値はあると思います。

illust740_thumb