肩こりあれこれ

肩こり、何としてもよくしたいですよね!

あなたにその気持ちがあれば、もう第一歩は歩みだされています。

あとは めぐりの部屋でおだやかな時を過ごしていただくだけです。

頑張ることは何一つありません。

だって、あなたは頑張りすぎて肩こりさんになってしまったからです。


頑張ることをやめる。そして正しい方向に進む。


そうすることが肩こりから素早く脱する方法です。


さて、ここでちょっと肩コリの原因をさぐってみませんか。



肩コリの原因のほとんどは、

  • 姿勢
  • 左右のバランス
  • 内臓下垂
  • その他

に分けられると考えています。

そして、例えばどうして姿勢が崩れたのか、

と考えてみると、


仕事が原因だったり、

ストレスが原因だったり、

情緒の不安定が原因だったり…


と一見全く関係ないように見えるところにその根源が潜んでいます。

つまり、

マッサージで凝ってるところをもみほぐしたところで、

はたまた骨格矯正で(人為的に)歪んだところを元に戻したところで、

根本原因が違うところにあるために、またすぐに元に戻ってしまいます

痛いから、痛み止めを飲んで、その場をしのぐかんじですね。


さらに、コリは筋肉が緊張している証拠です。


そのコリをマッサージで強制的にほぐしていくと。。。

筋肉は余計に緊張してしまうのです(泣)



これは筋肉の性質。

刺激や力を加えると、緊張してしまうのです。

マッサージに行って、

以前より強い刺激じゃないと 感じなくなりますよね。


ついついもんでしまいますが。。。

本当に肩コリから脱出するにはモミモミは控えたいもの。


これは私がいままでよんだ代替医療の

どんな本を読んでも書いてあることです。

きちんとした体系の整体やその他の代替医療であれば、

教えていることなのですが、

一般的には強い力でもみほぐせば筋肉がほぐれるとか、

強制的に骨をバキバキ矯正すればよいとか、

そういう考え方がまだまだ残っていると思います。

が、これは誤解です。
肩が凝っているとして、そのコリ部分に力を加えると、

コリに大きな影響を与えている筋肉は強く抵抗します。

更に強い力を加えると、筋肉は更に強く抵抗し、

力を加えなくなった後でも緊張は解けません。

そして事態は悪化します。

これって人と人との関係でもそうではありませんか?

たとえば…

子どもに勉強をさせようとして、強要しても、

子どもは反抗します。さらに強くいっても、より反発を招くだけで、

勉強をさせる、という目的が達成されるどころか、

子どもとの関係が悪化します。

何か問題に対して、力をもって解決を図る方法はうまくいかない。

そんな法則があるのでしょうね。。。